冬にサーフィン!防寒ギア(ブーツ・グローブ・キャップ・インナー)

サーフィンを通年でやろうと思うと、四季がある日本では季節ごとに様々なギアが必要になります。

その中でも重要なのが防寒ギアです。

特に関東以北で冬にサーフィンを楽しむために、より防寒性を高めたギアは必須です。

<ブーツ>

関東~北関東:初冬~春ごろまで使用します。

東北~北海道:初冬・晩春~初夏まで使用します。
(冬~春はブーツ付きのドライスーツを使用します)

関東より西:寒さに弱い人は適度な厚さのブーツを使用しましょう。

おススメはソフトブーツです。

使用後にブーツを裏返して乾燥させるのですが、ソフトブーツだと比較的楽に裏返せます。

裏返して乾燥させないと生乾きになり、雑菌の繁殖によって臭くなります。

特に、車内に置き忘れて天気が良くなった場合などは大変です。

ソフトブーツだとサーフボードに足をついた際、不安定になりそうだと思うかもしれませんが、波待ちのときに水圧で締め付けられますので、フィット感が増します。(波待ちの際にブーツ内の足の位置を調整しましょう)

<グローブ>

関東~北関東:初冬~春ごろまで使用します。

東北~北海道:初冬~初夏まで使用します。

関東より西:寒さに弱い人は適度な厚さのグローブを使用しましょう。

これも冬の必須ギアとしての定番です。

乾燥方法についてはブーツと同様に裏返して乾燥させます。

ラバー素材・ジャージ素材とあります。

寒がりな人は、ウエットスーツの中にショートジョンを着ることで防寒性を高めることができますので一度ためしてみてはいかがでしょうか。

その際、ウエットスーツに着用時の余裕がない場合、無理に重ね着しますと破損の恐れがありますので、ご注意下さい。(ジャージ生地のショートジョンの上にウエットスーツを着る場合は比較的着やすいですが、ラバー生地のショートジョンの場合は、摩擦が強く少し着にくいです)

なお、ウエットスーツのお尻部分に穴が開いており、そこから浸水している方などには特に効果的です。


サーフィン,防寒用インナーウェア,HOTCAPSULE,ホットカプセル●ショートジョン ノーマル

なお、ドライスーツを着用するサーファーには脱着を楽にするためにも、ソックス・パンツ・半袖シャツ等を着用することをおススメします。

ドライスーツを着用した場合かなり暖かいのですが、暖か過ぎて中でかなりの汗をかきます。

動いているうちは良いのですが、波が入りにくくなり波待ち時間がふえると、その汗が冷え寒くなってしまいます。

ですので、インナーを着用する場合は、汗等の水分を吸収して発熱効果をもたらす素材を選ぶようにしましょう。

またキャップも必要となりますね。

関東以北では相当海水温が低下します。

ドルフィンスルーする際に、冷たいというよりは痛いという感覚に近くなります。

海水の冷たさからの防寒と、寒風や雪の対策としてもキャップを用意しておきましょう。

以前は、頭から首まですっぽり覆うフルカバータイプが主流でしたが、首からの浸水を極力減らした現在のドライスーツを利用している場合は、首部が出ているタイプで問題ないでしょう。(アゴや首部の圧迫が少ないので少し楽になりました)

<価格の目安>
ソフトブーツ:5,000円円~15,000円
グローブ:5,000円~9,000円
インナージョン:8,000円~15,000円
ソックス:2,000円~4,000円
キャップ:4,000円~8,000円

次は「サーフィン初心者の波の見方!始めるために波を知ろうカテゴリー」です
サーフィン初心者に適した波

New generation surfing.To enjoy surfing.We need progress.