「あれこれ」カテゴリーアーカイブ

2019年最終日にBIG WAVE到来

久しぶりに年末のBIG WAVE

BIG WAVE・・・?

CLOSE・・・?

ゲットできない(>_<)

この時期に

このサイズ

しかもトレーニング不足

入る予定もしてなかったので、という言い訳・・・

「さすがにドライじゃゲットできない・・・」

・・・

そう思わせる波・・・

いや~~~すごかった。。。

久しぶりに見た( ゚Д゚)

乗れればサイコー~~~・・・だと思う・・・

割れるスピードは意外にメロー----

そんな感じの2019年最後の波でした。

体が冷えると、パフォーマンスが落ちるので、

出来るだけ暖かさを保ってサーフィンしましょう。

波情報2019/12/30

今年の乗り納め~~

サイドオンのなかサックっと

波は、何とかライディングできる範囲に収まってます

この後悪くなりそうだったので、少しだけやりました

乗り納めの相棒はJOKER

フィンはFCS2のフィリペ・トレド

来年は違う板で練習予定なので、出番が減るかな~~

Screenshot of nowphas.mlit.go.jp

WSL CT #11 ビラボンパイプマスターズの優勝はイタロ・フェレイラ

チャンピョンシップツアー(CT)最終戦

WSL(ワールド・サーフィン・リーグ)のチャンピョンシップツアー最終戦である

Men’s CT #11  Banzai Pipeline, Oahu, Hawaii

Billabong Pipe Masters(ビラボンパイプマスターズ)が

12月8~20のスケジュールで行われまし。

優勝は Italo Ferreira(イタロ・フェレイラ) (BRA) でしたね。

FinalでのGabriel Medina (ガブリエル・メディナ)とのブラジリアン対決。

熱かったです。

イタロ・フェレイラ1.06点リードで迎えた残り9分45秒。

深いチューブライドからのエアリバのフルローテーションで、7.73点をたたき出し、合計を15.56点に伸ばした。

ガブリエル・メディナが逆転するためには、7.8点以上の得点が必要に!

果敢にパイプに挑むものの波に恵まれずタイムアップ。

パイプマスターズの称号はイタロ・フェレイラが手にしました。

そういえば、

・波が早くてアップスなどで抜ける時
・ボトムターンの時
・チューブライドの時、

フォーム変えてますか?

これが分からないと上達のスピードが上がっていきません。

先ず、最初はこんな練習をしてみましょう。

ちなみに、カノアは Round of 32で敗退したので、17位でフィニッシュとなりましたね。

よって年間ランキングは6位のままでした。

年間チャンピョンはItalo Ferreira(イタロ・フェレイラ)

今年色々あった Italo Ferreira(イタロ・フェレイラ)

出身:ブラジル
スタンス:グーフィー
年齢:25
身長:168cm(5 ft, 7 in)
体重:68kg

宮崎で開催となった、
2019 ISA World Surfing Games(2019年9月7日~15日)

東京オリンピック2020に出場するためには、この大会に「参加」することが必須条件。

東京オリンピック出場条件

イタロ・フェレイラは、CTでの成績で東京オリンピックの出場権獲得を目指してるから、World Surfing Gamesの成績は関係ないけど、参加しないと「オリンピックの出場権自体」を失うので、参加は必須。

だから World Surfing Gamesに参加する予定としていた。

しかし、World Surfing Gamesが開催される前日の9月6日(日本時間)、アメリカのサンタモニカで車が盗まれ、車載していたパスポートやビザ(日本とアメリカの分)を紛失してしまった。

イタロ・フェレイラの試合は、9月10日からで、heat6。

出場に間に合うかの瀬戸際、台風でフライトが遅れたものの、9月10日、無事日本に入国し、ビザも取得できた。

飛行機で宮崎に移動したものの、荷物を受け取る時間が無くて、手ぶらで会場に!

この時点でイタロ・フェレイラのheatがスタート。(波のコンディションを考慮して、試合開始時間が1時間半遅れていてラッキー☆)

会場に到着したイタロ・フェレイラは、フィリペ・トレドからサーフボードを借り、デニムのショーツそのままで試合に!

この時点でのheatの残り時間は約9分。

普通、諦めますよね~~

だって、World Surfing Gamesに参加さえすれば、

東京オリンピック出場権獲得のための最低条件クリアすんだから。

それなのに~~

heatの残り1分20秒で逆転って!!

heat6を1位通過って!!

しかも、そのままの勢いに優勝までしちゃいました。

メンタル強し!!

CTでは、第9選(10月)で2位となり、年間ランキングは4位に、

第10戦(10月)では優勝し、年間ランキングのトップに浮上、

そのままの勢いで第11戦(12月)でも優勝し、年間ランキング1位に輝きました。

WSL CT 年間ランキング&東京オリンピック暫定出場者

年間ランキングは、CT全11戦のうち各自の上位9試合の合計得点で決まります。

<2019年間ランキング順位(○は東京オリンピック暫定出場者)>

2019年 WSL CT トップ22 は、2020年のCTに自動でエントリーされます。

1位 Italo Ferreira(イタロ・フェレイラ) (BRA) ○
2位 Gabriel Medina (ガブリエル・メディナ) (BRA) ○
3位 Jordy Smith(ジョーディ・スミス) (ZAF) ○
4位 Filipe Toledo(フィリペ・トレド) (BRA)
5位 Kolohe Andino(コロヘ・アンディーノ) (USA) ○
6位 Kanoa Igarashi(五十嵐カノア) (JPN) ○
7位 John John Florence(ジョン・ジョン・フローレンス) (HAW) ○
8位 Kelly Slater(ケリー・スレーター) (USA)
9位 Owen Wright(オーウェン・ライト) (AUS) ○
10位 Jeremy Flores(ジェレミー・フローレス) (FRA) ○
11位 Julian Wilson(ジュリアン・ウィルソン) (AUS) ○
12位 Seth Moniz(セス・モニス) (HAW)
13位 Michel Bourez(ミシェル・ボレズ) (FRA) ○
14位 Ryan Callinan(ライアン・カリナン) (AUS)
15位 Jack Freestone(ジャック・フリーストーン) (AUS)
16位 Griffin Colapinto(グリフィン・コラピント) (USA)
17位 Caio Ibelli(カイオ・イベリ) (BRA)
18位 Wade Carmichael(ウェイド・カーマイケル) (AUS)
19位 Adrian Buchan(エイドリアン・バッカン) (AUS)
20位 Conner Coffin(コナー・コフィン) (USA)
21位 Peterson Crisanto(ピーターソン・クリサント) (BRA)
22位 Yago Dora(ヤゴ・ドラ) (BRA)

2019年のCTランキングの上位10名まで(各国2名まで)が東京オリンピックに出場できます。

東京オリンピック出場条件

出場枠:男女各20名(同一国の選手は男女各2名まで)
条件:ISA World Surfing Games(2019と2020)の出場
開催国出場枠:男女1名(よって他の国は男女各19名の枠となる)

<出場者選考基準および選考の優先順位>

1.WSLチャンピョンシップツアーの成績(男子10位まで・女子8位まで)
2.2019年のISA World Surfing Gamesの成績(男子4位まで・女子6位まで)
3.2020年のISA World Surfing Gamesの成績
 (アフリカ・アジア・ヨーロッパ・オセアニアのそれぞれでの男女各1位)
4.2019年のPan American Gamesの成績(男子1位・女子1位)
5.開催国枠(男子1名・女子1名)

wsl第11選Pipe Masters始まってますね

WSL第11選PIPE MASTERS始まってますね

12月8日から始まった第11選目のWSL(ワールド・サーフィン・リーグ)

Seeding Round, Heat 1に登場した五十嵐カノア。

惜しくも3位でElimination Roundに!

Elimination Round は Heat 1 で、何とか1位通過し、Round of 32に進出♪

Round of 32, Heat 12 では、Soli Baileyと対戦し、惜敗してしまいましたね~~(>_<)
これで、今年のCLは終了!
最終順位は6位で変わらなそうですね。

それはそうと、Round of 32, Heat 8 に登場した Kelly Slater 。

5本目のライディングでパーフェクト10でしたね。

それにしても凄すぎる。

wsl-portugal-カノアはセミファイでフィニッシュ

優勝はItalo Ferreiraでフィニッシュ

WSL(world Surf lerge:ワールドサーフィンリーグ)の第10戦( Oct 16 – 28 )であるMEO Rip Curl Pro Portugalが終了しましたね。

優勝はItalo Ferreiraでフィニッシュ!

ランキングは、Gabriel Medinaを抑えて1位!!

ファイナルのファーストライドでいきなりパーフェクト10とか( ゚Д゚)

バックサイドのフルローテーションなんて超絶

その後のフロントのエアリバが7.83点なのに、大したことなく見えちゃうぐらのフルローテーション♪

しかもヒート中に2回もフルローテーションするとは(‘Д’)

そのあとスイッチスタンスまで・・・

とにかくすごかったので、みなさん是非見てください!

finalはこちら

それにしてもJordy Smithがインターフェアレンスするとは・・・

カノアはセミファイでフィニッシュ

quarterfinalでのカノアVSFilipe Toledoの戦いも熱かったですね。

セミファイで負けてしまったのが残念。

年間ランキング6位で変わらずですね。

カノアのは Quarterfinalはこちら

練習用ボード

現行のカタログには乗ってないモデルだけど

アダルトサーファーの練習用には最適♪

きっと昨日の自分より上手くなる!

比較は常に過去の自分

これらか自分はどんなサーフィンをしたいのか

そのために、どんなボードに乗る必要があるのか

「この板、テイクオフめっちゃ早いよ!」という

常套句にまどわされるのではなく、

どんなライディングを目指すのか

そのために、今、どのような練習をするのか

そこを考えて板を選択する必要がある

そして、そのための1本は一人ひとり違うはず

それは、自分だけじゃ気づけないところ

だからコーチングが必要なんだ!

自分に合った板をチョイスするのか、

板の特性に合わせるように練習するのか

どちらも正解

ただ、何を目標にするかで、手段は変わるはず

その目標を定め、手段を考えることに上達のキーがある

久しぶりの右奥

まさかの、想像以上のサイズアップ(^^♪

もう一息でショルダー張るサイズになりそうなんだけど、今日は厚めの波

たま~~にホレてるのがあって、平均的には、厚めに割れて、つないでつないで、ミドル~インサイドで少しホレる波が多かったかな~~