サーフィンはどこでやるの

 

もちろんサーフィンは波が無ければできません。

波が立つにはいろいろな気象条件や地形に影響されます。

 

沖合で吹いた風の影響でさざ波が立ち、そのさざ波が更に風の影響を受けます。

そうすると、そのさざ波がどんどん発達して角が立ち大きくなります。

そうしているうちに風が止むと、角が取れ互いのさざ波が重なり合い、大きなうねりになっていきます。

うねりは海面の上下運動を伴って、遥か彼方の沖合から、岸に押し寄せてきます。

その上下運動を伴ったうねりが岸に近づくと、次第に海底の影響を受けるようになり波高が高くなる。

高くなったうねりが限界を迎えると波は崩れ始める。

その崩れた波がキレイにブレイクすると、サーフィンに適した波となります。

 

浅くなるにつれて地形の影響を受ける波ですので、勾配が緩やかに浅くなる場合は、ブレイクがゆっくりで、ダラダラした波になります。

逆に、勾配が急激に浅くなる場合は、ブレイクが急激で一気にホレあがりチューブになったりします。

ブレイクが早すぎるとダンパー(全体が一気に崩れる)となり、サーフィンには向きません。

このバランスが良く適度にホレた波がサーフィンには適しています。

 

ここでは主に地形の特徴によってどのような波になるかをご紹介します。

 

<ビーチ>
岩盤の上に砂が堆積している場所です。ビーチで割れる波をビーチブレイクと呼びます。

海底が砂になっていますので、転んでワイプアウトした際でも、リーフに比べて危険が少ないので、初心者はビーチブレイクで練習すべきでしょう。

 

岩盤に砂が堆積し、沖から岸に向かって浅くなります。

海岸線とほぼ平行に深くなっていきますから、まっすぐ入ってきたうねりは、そのまままっすぐ持ち上がり、一気に崩れてしまうため、サーフィンには適しません。

 

岩盤に砂が堆積しているだけなので、この砂は容易に移動し、地形を変更させます。

特に大きい波が入ってくるような時化の時などに地形が変化します。

 

このときに、砂が溜まり海岸線と並行ではないサンドバー(海底の盛り上がり)ができると、入ってきて地形の影響を受け始めたうねりが、サンドバーに当たり、サンドバーに当たった部分の波が他より先に盛り上がるのです。

そうすると波は、片側もしくは両側にきれいにブレイクします。

 

サンドバーは容易に移動してしまうので、毎回波質が違い、安定した波とはなりませんが、緩やかな時はビギナー向け、急激にホレて巻いているときなどはエキスパート向けなど、幅広い顔を持ちあわせています。

 

 

<リーフ>
岩盤がむき出しになっていたり、サンゴ礁が波に影響するポイントをリーフブレイクと呼びます。

ブレイクしてすぐで水深がある場合は危険が少ないですが、インサイドまで乗ってきた場合は、水深が浅くなっているので転んだときには注意が必要です。

頭を打ったり、足を切ったり、板をぶつけて壊したりしないように、ある程度の技術が必要です。

なお、深い場合でもパーリングした際にリーシュコードがリーフに絡まることもありますので注意が必要です。

 

岩盤やサンゴ礁は、ビーチと違い海岸線と並行して深くなるわけではありません。

また、時化になっても地形が変化することはほとんどありませんから、割れているポイントであれば、常に安定したブレイクを期待できます。

もちろん、サイズやうねりの方向、潮の満ち引きの影響を受けますが、ビーチに比べるとブレイクが分かりやすいです。

 

ですので、リーフであれば、緩やかに割れるポイント、急激に割れるポイントと、ポイントごとに分かりやすい波質になります。

 

 

<ヘッドランド(突堤)>
海に突き出したような形で、テトラポットが施設されており、上空から見ると、アルファベットのTやIの形をしています。

 

海岸線が侵食されないようにするためのもので、主にビーチ施設されています。

海岸線に人工物であるヘッドランドを設置することにより、うねりに影響を及ぼします。

砂の溜まり方が変わったり、入ってきたうねりがヘッドランドにぶつかって行き場を無くし、反対方向にブレイクしやすくなったりします。

また、ヘッドランドができると、そこには、引き波(カレント)という沖に向かう流れが発生するので注意が必要です。

 

 

<リバーマウス(河口)>
川の河口ポイントです。

基本的にはビーチブレイクと一緒ですが、常に川から砂が流れ出ているため、サンドバーを形成しやすいという特徴があります。

 

サンドバーが形成されると、コンパクトでもチューブを巻くような良い波が出現することがあります。

 

ただ、常に砂が流れ出ていますし、雨で川の水が増水した場合なども、大量の砂が流れ出ます。

ですので常に地形が変化していて読みづらいという特徴があります。

反面、前日と違ってグッドウェーブが発生していることがよくあります。

 

河口もヘッドランドと同様に、沖に向かう流れ(カレント)が発生しやすいので注意が必要です。

 

 

次は「サーフィンができるポイントは日本全国にある」カテゴリーの
日本のsurfポイント

 

New generation surfing.To enjoy surfing.We need progress.