リーシュコードをつけて安全にサーフィンしよう!

自分の体とサーフボードをつなげ、サーフボードが流れないようにするための流れ止めコードです。

ライディング中に転んだ場合など、ボードを流してしまうと他のサーファーにぶつかってしまう可能性が高くなってしまうので、絶対に着けるようにしましょう。

ボードのリーシュカップにリーシュロックというヒモを着け、そこにリーシュコードを装着します。

反対側を自分の足首等(後ろ足)に装着して使用します。

リーシュコードは、試合用の細いものからビックウェーブで使用する太いもの、ショートボード用の短いものやロングボード用の長いもの(膝に着けるものもある)など幅広い種類があります。

忘れがちな大事なこと。

リーシュはそのままではボードに装着できません。

ボードのリーシュカップにヒモ(リーシュロック)を装着し、そのヒモとリーシュをつなげます。

特に新しいサーフボードを買ったときなど、海についたらリーシュロックが装着されてなかったということが良くあります。

リーシュコードは命綱ではありません。

不意に切れることがあります。

リーシュコードは絶対に必要ですが、切れてサーフボードが流されたときでも、そのボードまでたどり着ける泳力は必要です。

また、ライディング中に転んだ場合などは、波に押されたボードが体から離れ、リーシュコードがかなり引っ張られます。

伸びたリーシュコードが急激に縮む際に、サーフボードが飛んでくることもありますので注意が必要です。


2019 SYNDICATE シンジケート リーシュコード 6 SMALL 6スモール サーフィン リーシュ LEASH ショートボード用【あす楽対応】

<価格の目安>
リーシュコード:0.5万円
リーシュロック:300円~500円

サーフィンにはワックスが必要!どんな種類があるの?

New generation surfing.To enjoy surfing.We need progress.