サーフボードはボードケースに入れて保管しよう

 

普段、サーフボードを保管するには、ケースに入れて保管するか、サーフボード単体で保管するかのどちらかになります。

後者の場合は、家などでボードラック等で固定保管し、前者の場合は、ケースに入れたまま車載しておいたり、家で保管したりすることになるでしょう。

 

DESTINATION ボードケース ディスティネーション ショートボード用 6’4″ ハードケース


DESTINATION ボードケース ディスティネーション ショートボード用 6’4″ ハードケース SHORT BOARD サーフィン サーフボード

 

特に、車載しておく人の場合、ハードケースは必須になります。

夏場でなくとも車内は高温になり、サーフボードをケースに入れないでいたり、ソフトケースのみで保管していた場合、ワックスが溶け出してしまいます。

ハードケースに入れることにより、ある程度の温度までは、ワックスの溶け出しを防止できます。

ただし、真夏の気温の高いときは、ハードケースに入れていても、ワックスが溶け出すことがありますので、車から降ろして保管しましょう。(本来は、サーフィンから帰ってきたら、都度、車から降ろすことを推奨します)

なお、ハードケースに入れる際に、デッキカバーに入れてから保管すると、高温の影響を減らすことができます。

また、ワックスや汚れがハードケースの内側に固着することを防止できます。

一昔前は、ソフトケースに入れてそのまま保管したり、ソフトケースに入れた上でハードケースに入れるのが主流でしたが、現在では、デッキカバーに入れてから、ハードケースに入れるのが良いでしょう。

サーフィン デッキカバー SYNDICATE シンジケート DECK COVER SHORT ショートボード用5’8~6’6 ES-04P1801102 FX G4


サーフィン デッキカバー SYNDICATE シンジケート DECK COVER SHORT ショートボード用 ES-04P1801102 FX G4

 

ちなみに、サーフボードはぶつけると簡単に破損してしまいますので、持ち運ぶ際はなるべくハードケースに入れることをお勧めします。
(玄関のドア、部屋に入る際、車のバックドアなどにぶつける人が多いです)

 

<価格の目安>
ハードケース:6,000円円~15,000円
ソフトケース:3,000円~8,000円
デッキカバー:2,000円~3,000円

 

 

冬にサーフィン!防寒ギア(ブーツ・グローブ・キャップ・インナー)

 

 

 

New generation surfing.To enjoy surfing.We need progress.