サーフィンでは波のどこをライディングすれば良いのか

 

サーフィンのライディングでは主に波の

・フェイス(波の斜面)
・ボトム(斜面の下のフラットな所)
・トップ・リップ(波の一番上のこれから崩れる所)

を使います。

 

ただし、最初のうちはスープで練習することになるので、スープに包まれてテイクオフ(走り出し)し、スープの前に出てくる感覚が分かれば良いでしょう。

その際、寝そべったままでも構いません。立つことができるぐらい勢い良く走り出しているなら、立てるようにしてみましょう。

 

 

岸よりのスープで立てるようになり、ライディングが安定してきたら沖の波に挑戦します。

その際、小さい波で練習しましょう。慣れていないのに切り立った波で練習すると、ボードを壊したりケガをする原因となってしまします。

 

最初はフェイスを横に走るだけで充分ですが、上手に乗るためには上記の3ヶ所を使う必要があることは頭に入れながら練習しましょう。

 

上達してきたら、上記の3ヶ所を上手く使えるように意識しましょう。

また、「中級者になったら格好良く技を決めよう」を参考に練習しましょう。

 

どういうライディングが良いのか?

サーフィンには競技大会があり、その演技をジャッジ基準に従って採点し、得点の高低によって勝敗を決めています。

その基準は、いかにその波で、

・積極性があって難易度が高い技を決めているか
・マニューバーがコントロールされつつ連続されているか
・バラエティに富んだマニューバーを入れているか
・スピードやパワーがありそれらが流れるようにライディングしているか
を観ます。

採点競技ですから、高得点を得るためには、いかにジャッジ基準にあった演技をするかということになります。

ただ横に長く走ったから高得点を得るということではないのです。

 

その基準がサーフィンの全てではありませんが、上達する一つの方向性を見出すことができます。

世界最高峰のサーファー達がその基準で試合しているのですから。

 

そのジャッジ基準を知りながら練習することで上達が早まります。

 

サーフィンの上達にはNSA競技ルールを知るのが近道

 

初心者のうちは、波全体を有効に使えませんが、どこをライディングするのが良いのか知っておくことは重要です。

上達すればするほど、波の上から下まで、さらに幅も広がって行きます。

特に、ボトムターンは奥が深く、ボトムターンを見れば、その人のレベルが分かるものです。

ボトムターンを深くすることによって、サーフボードを縦のアクションに導くことができるようになります。

 

フェイスを走れるようになったら、横に走ったり、無理やりトップアクションをするのではなく、テイクオフしたらそのままボトムに下りて行き、ボトムターンを練習してみましょう。

 

次は波が割れる仕組み

 

 

 

 

 

New generation surfing.To enjoy surfing.We need progress.