サーフィンでのトリップ!マナーが必要

サーファーなら誰しも「エンドレス・サマー」的に良い波を求めてtripするものですね。

サーフトリップでは、レベルがバラバラだったり、テンションが上がっていたりなどで、普段なら行わない行動がでたりすことがあります。

「旅の恥はかき捨て」という言葉の意味を無茶なことをしても大丈夫というような間違った解釈をしないようにしたいものですね。

海だけではなく、全ての行動において責任とマナーを携行しましょう。

tripしたときこそ、あなたの人間性が試されているのです。

サーフィンのルールとマナー」でも記載しました以下の点に注意しましょう。

<集団で一気にポイントに入らないようにしよう>

集団でポイントに入る際、特にトリップに集団で出かける場合、レベルがバラバラだったりします。

集団でポイントに入られると、先に入っていた人たちのリズムが崩れるだけではなく、まともにテイクオフやライディングができないサーファーがピークに行くと接触事故の危険性や自分自身が流されてしまう危険性が増します。

誰もが良い波に乗りたいと思っているのです、その人たちをジャマしないように気をつけましょう。

ポイントに入る際は、時間をずらして入るか、1つのピークに全員ではいるのではなく、ばらけて入るようにしましょう。

サーフィンのルールとマナー

特にtripとなると地方に行くことが多いと思います。

コンペティターもいればレジャーとしてのサーファー、ライフワークとしてのサーファーと様々な方がいらっしゃいますが、共通するのは、あなた方が住んでいる地域より、サーフィン以外のアクティビティが少ないということです。

その数少ないアクティビティーであるサーフィンを楽しんでいる人たちに迷惑が掛からないように、マナーを大事にしてサーフィンしましょう。

そして笑顔を忘れずgood waveをシェアしましょう。

お互いにサーフィンが大好きという同じフィールドにいるのですから。

次は「サーフィンの道具はメンテナンスが重要です」カテゴリーの
サーフギア日常の手入れ

タイトルとURLをコピーしました