NEW board another(PU)

昨年リリースされたanother

EPS(Hi Density FOME)で作った小波用にも関わらず、アベレージの波やオンショアでも大活躍。

テイクオフに浮力は関係ないといいつつも、

「テイクオフ早いよ」という常套句に惑わされてはいけないといいつつも、

ちょっと波の状況が悪くなると、
走りやすい板を使ってしまう自分・・・(*´ω`*)

まっっしょうがないよね( ..)

だって、アメンボウみたいにスイスイ進むし、テールの回転性めっちゃ高いし。

難点は、少しささりやすいのと、サーフィンがテキトー(雑)になっちゃうこと。

ターンをドライブさせるというより、表面をスイスイと進む感じ。

ま、そういう風にオーダーしたからだけど。小波用だからね(‘ω’)

170cmで60kg~65kgの中で推移してる体重で、

5’6 × 19 1/4(48.9) × 2 9/32(5.79)で26.6リッター

しかも、EPS(Hi Density FOME)だからPUに換算すると30リッター付近の感覚 (浮力ありすぎ)

で、短いからオルタナ系とは違って回転性抜群!

小波用と分かっていても、手を出しちゃう中毒性・・・(小波の試合用なのに)

それを打ち切るべく、シーズン後半は、久しぶりにめっちゃペラペラな板を出動させ、波のパワーゾーンキープと、リエントリーでの切れを練習!
(ニューボード発注するために、コンセプトを検討するため)

というのも、NEW BOARD何にしようか悩んでたときに、やっぱり原点回帰!

浮力係数は0.38にしよう!で計算♪

65kg × 0.38 = 24.7リッター
62kg × 0.38 = 23.56リッター(アベレージの体重)
60kg × 0.38 = 22.8リッター

ということで、23~23.5リッターの板を作ろうと思った次第なんです。

でも、幅の狭い板はあるので、少し幅を持たせ、薄い板にしてみようと・・・

この組み合わせ、なかなかやったことなかったはずなので、新しいチャレンジ!

そう!チャレンジなんだよね、ニューボードって!

新しい板が来て、メッチャ調子いいってことは、今使っている板のちょっとしたバージョンアップ、マイナーチェンジって言ってもいいかなって思う。

それもありだね。

実際調子いい板ならサイコーだし。ファンサーフならマジサイコー♬

でも、練習と考えるなら、今乗っている板と違うコンセプトの板に乗ることも大事。フルモデルチェンジというより、車種そのものを違うものにするということ。

多分最初は乗りなれない。なんかぎこちない。

車だと、座り心地が違う、視座が違う、視界が違う、おっと車のスペックそのものが違う!(スポーツカーなのかミニバンなのか)

最初ぎこちなくても、頑張ってれば絶対慣れてくる。絶対に!!

そしてそのうち、この板の方がサイコーじゃんって思ったりする。

人間って変な生き物♪

難しい板だったり、乗ったことない(自分がまだ習得してない技術で乗る板)板でも、必ず慣れる。

だからあえて、難しい板や、乗ったことの無い板にのる。

テイクオフが早いといわれるミッドレングス系じゃなくね。
(ミッドレングスも、コンセプトを持って乗ればサイコー)

そう、板に良い悪いはほとんどない。

「この板ぜんぜん走らん」とかじゃなく、自分がその板のコンセプトを再現できていないというだけ。つまり、コンセプトにあったボードセレクトができてなかっただけだと思う。

この点を理解し、ファンサーフしたいのか、練習してうまくなりたいのかを考えた上で、ボードのコンセプトを理解し、オーダーすることが大事なんだよね。

それを理解して、その板を乗りこなせるように練習すれば、自分がまだ持ってない技術を習得できるようになるってこと。

その板が、調子よく感じてきたら、その技術を習得したってことになるよね。

ということで、新しい板をオーダー。

モデルはanotherで一緒だけど、今まで使ってた小波用 EPS(Hi Density FOME)とは全然違うコンセプト。 PUでオーダー。

5’8 × 18 7/8(47.94) × 1 28/29(4.99)で23.3リッターで出来上がりました。

現在65kgだから23.3リッターだと0.36位になるけど・・・

夏に向けて頑張ろう♪持った感じだと、もっと浮力無くてもよかったかも

とりあえず、今は波がないので、サイズが上がったら使おうっと♪

SERENDIPITYサーフボードはこちらから

カスタムの幅が広いから、自分のコンセプトを反映できますよ♪